ゼロパディング(0埋め)関数 ZeroPadding

数値を特定の長さになるまで先頭に0を付け足すための関数です。
例えば4桁でゼロパディングする場合、123であれば0123、15であれば0015に修正されます。

string ZeroPadding(
int value,
int digits
);


value
   ゼロパディングの対象となる数値

digits
   ゼロパディング後の桁数


valueに指定した数値をdigtsの桁数でゼロパディングした文字列



string ZeroPading(int value, int digits){
string result = IntegerToString(value);
int length = StringLen(result);

if(length >= digits){
return(result);
}

for(int i = 0; i < digits - length; i++){
result = "0" + result;
}

return(result);
}
TwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェアはてなブックマークに追加

TOPへ