EventSetMillisecondTimerを利用してミリ秒単位でOnTimerを実行する

OnTimerを利用することで一定時間毎に処理を実行できます。
参考:OnTimerを利用して一定時間毎に処理を行う

OnTimerを利用するための準備として、通常はEventSetTimer関数を使用して処理頻度を秒単位で指定します。

int OnInit(){
EventSetTimer(1); // // 1秒毎にOnTimer関数を実行
return(INIT_SUCCEEDED);
}

しかし場合によっては1秒未満の短い間隔で処理を実行したい場合もあるかと思います。
その場合にはEventSetTimer関数の代わりにEventSetMillisecondTimer関数を使用します。

bool EventSetMillisecondTimer(
int milliseconds
);

この関数を使用することでミリ秒単位でOnTimerの実行頻度を指定できます。
処理頻度を1ミリ秒に設定する例は以下の通りです。

int OnInit(){
EventSetMillisecondTimer(1); // 1ミリ秒(0.001秒)毎にOnTimer関数を実行
return(INIT_SUCCEEDED);
}

TwitterでシェアFacebookでシェアGoogle+でシェアはてなブックマークに追加

TOPへ